タイ・バンコク 不動産

ブーケットに移住したい!物件選びのポイントを紹介します

ブーケットに移住したい!物件選びのポイントを紹介します

これからプーケットに移住するならば、住まいを見つけることが先決です。その際にはさまざまな選択肢があり、プーケットならではの注意点もあります。これからプーケットに移住する人のために物件選びのポイントをまとめました。

1.プーケットの移住で選べる住まいの種類

ブーケットに移住したい!物件選びのポイントを紹介します

プーケットで利用できる住まいの種類についてそれぞれ解説します。

1-1.コンドミニアム

コンドミニアムは東南アジアにおいては集合住宅であり、各住戸ごとに分譲されていてオーナーが違います。プーケットでは外国人が住んでいることが多いです。メイドサービスなどがついている物件もあり、この場合はサービスアパートメントと同じような暮らしができます。きちんと管理人がいて、しっかり管理されている物件が多く、移住者におすすめです。

 

1-2.タウンハウス

2軒以上つながっていて長屋のようになっている2~3階建ての住宅のことをタウンハウスといいます。入居者の使える庭やガレージがついていて、一軒家のような感覚で生活できるのが魅力です。隣家とは壁を共有していて、あまり開放感がありません。プライバシーも一軒家ほどないため注意しましょう。土地付き住宅であり外国人が購入することはできないのですが、賃貸物件として借りることはできます。タイでは土地を外国人が所有することはできないのです。

 

1-3.デタッチハウス

デタッチハウスは隣の家と壁はつながっておらず独立している住宅です。日本の一戸建て住宅と同じようなものと考えましょう。24時間のセキュリティゲートがあり、他にもジムやプールといった施設が敷地内に設置されていることが多いです。賃貸としても貸し出されています。

 

2.プーケットの物件選びの注意点

住まいのキッチンに注意しましょう。基本的にタイは外食をするか、メイドにご飯を作らせる文化です。そのため、住まいには最低限のキッチンしか設置されていないケースもあります。また、リビングなどとキッチンが遠く離れた間取りになっている住まいもあるため注意しましょう。

 

バスルームには浴槽のついていない物件がほとんどです。日本人のようにお風呂に入る習慣がないためです。バストトイレが一体となった部屋が一般的なため、日本のような住まいを求める人は注意しましょう。

 

タイは日本と同じように室内では靴を脱ぎます。ただし、日本のように明確に靴を脱ぐ場所が設けられていることは少ないです。リビングの中に靴箱が設置されているような間取りの部屋もあります。玄関の外に靴箱が置いてある、玄関の近くに靴を脱ぎ捨てて入るような物件もあるのです。玄関がどのようなつくりになっているか注意しましょう。

 

3.プーケットの移住でおすすめのエリア

プーケットの北部に位置するタラーンはおすすめです。島の半分を占める大きなエリアであり、国際空港が設置されているため頻繁に出入国するのであれば便利です。ビーチは観光地化していて、リゾート気分を気軽に味わえます。

 

パトンエリアも移住先としておすすめです。島の北西部にあり、西側には長いビーチが走っているのが特徴です。とても賑わっているエリアであり、リゾート地として発展しています。多くの観光客が訪れるエリアです。にぎやかな場所が好きな人におすすめします。

 

4.物件探しの方法

物件選びは良い不動産会社を選ぶことがとても大切です。基本的には現地の不動産会社を巡って、さまざまな物件を見学して選ぶことになります。また、情報サイトや情報雑誌もたくさんあるため、それらをチェックするのも良いでしょう。いろいろな情報を集めて比較した上で物件を選ぶことが重要です。

 

5.まとめ

プーケットに移住するならば、住まい選びにこだわりましょう。それぞれが重視する条件の揃った素晴らしい住まいを見つけてください。