タイ・バンコク 不動産

タイはお風呂がないのが当たり前!日本の部屋探しと大きく違うところ

タイはお風呂がないのが当たり前!日本の部屋探しと大きく違うところ

タイの部屋探しと日本の部屋探しは大きく違う部分があります。
たとえば、タイはお風呂がないのが当たり前でシャワーで済ませる文化があります。
外食文化が根付いているためキッチンがある部屋も少ないといった具合です。
予算によっても大きな違いがあるため、何を重視するかで部屋探しの方法が変わるのもポイントです。

予算がある場合は大手不動産会社に希望を伝えるのが無難

タイはお風呂がないのが当たり前!日本の部屋探しと大きく違うところ

タイで部屋探しを行う場合、重要になるのが予算です。
予算がある場合は大手不動産会社に依頼をし、希望の部屋を絞り込んでもらうのが無難です。
これは外国人が多く住む物件はセキュリティなどがしっかりしていて、不満が出にくいようにサービスも行き届いていることが多いからです。
タイでは部屋探しをして不具合を見つけてしまうのは日常茶飯事になります。
高温多湿な気候から新築物件でも虫が出たり、水まわりでトラブルが出たりすることもあります。
事前にトラブルがないか不動産会社が調べて紹介してくれる物件や、いざという時に不動産会社にクレームを入れられるかは大きな違いになります。
紹介して割に合う高級物件が中心になりますが、不満が出にくいのが特徴になります。

 

予算を抑えたいなら現地でチェックするのも大切

予算を少しでも抑えたいのであれば、現地を歩き回って様子を確認するのが一番です。
タイはファジーな部分があり、良くも悪くもいい加減と思えることが多々あります。
日本人は几帳面な人が多く、決まりを守る人が多いのがポイントです。
ネットで見た画像と実際に見た部屋の様子が全く違うということもありえるため、予算を削りたいのであれば足で探して確認することも大切なのです。
中長期でタイに住むつもりであれば、1ヵ月など長期滞在で不動産業者を巡ることや、コンドミニアムを複数内覧することも選択肢に入ります。
アパートなどの格安物件にこだわるならなおさらで、物件選びに手間をかけた方が失敗せずに済みます。

どの程度のトラブルや不便と付き合えるかが大切

タイはシャワーだけの部屋が多く、キッチンが省略されていることもほとんどです。
外食文化があり、屋台で食べられる食事は非常に安いのも特徴です。
しかし、実際に住むとなると手軽にいける屋台やレストランがあるかが大切になってきます。
家賃を節約しようとした結果不便場所に住んでしまい、インスタント食品中心になってしまうこともありえます。
タイの食堂などを利用するのであれば、ある程度タイ語にも慣れていく意識も大切です。
また、格安物件に住めばエアコンや給湯器などのトラブルに見舞われる確率も跳ね上がります。
ある程度は自分で対処するのが当たり前で、サービスの価格を削っている分家賃も安いことが大半だからです。
近隣住民とトラブルになるリスクもあるため、干渉を避けたいのであれば格安物件は厳しくなります。
日本で生活をしていると意識をしないことが多くなりますが、海外で便利な生活をしようとすると生活費がかさむことが増えます。
どの程度のトラブルに対処できるのか、ストレスになりそうなことを楽しめるかで住んでいて楽しいかがかわるのです。