タイ・バンコク 不動産

タイのバンコクで部屋探しに苦労したお話

タイのバンコクで部屋探しに苦労したお話

今回は私がタイのバンコクで部屋探しに苦労したお話をしていきます。これからバンコクで長期、あるいは中期滞在を検討している方はご参考になさってください。

仲介会社選びは慎重に

タイのバンコクで部屋探しに苦労したお話
お部屋探しの方法はいろいろありますが、一番最初に思いつくのは、仲介業者による紹介だと思います。バンコクには多くの賃貸物件を扱う会社があるので、そういった会社へ実際に出向いて、紹介を受けるのが一番多いパターンです。私も、バンコクで仕事の関係で1年滞在することになったときに、最初に選んだのがこの方法です。
ですがここで注意しなければいけないのは、バンコクにはとてもたくさんの業者があるので、会社によってはあまり信用できないところや仲介手数料がすごく高いところもありました。これはもしかしたら日本人なので足元をみられたのかもしれません。ですので、最初に行った会社の営業マンの口車にのってすぐに決めてしまうのはおすすめしません。私もあまりタイに慣れていなかったので知らなかったのですが、バンコクでは仲介手数料は無料という点はとてもメリットです。

物件に難ありかよく確認しよう

そして仲介業者を介して物件を選ぶときは物件をよく確かめるようにしましょう。入居してからトラブルが多いのがバンコクの物件ではよくあることです。水回りや住環境など、実際に住んでみないとわからないことがすごく多いです。排水など、大雨が降って排水が悪い地域で、異臭がするとか、長く住んで初めてわかることも多かったです。

契約書はしっかりとかわす

これはバンコクだけのことではないかもしれませんが、契約書がないような場合もあります。これは絶対に危険ですので、かならず契約書をかわすことをおすすめします。私も最初、きちんとした解約を交わさなかったので、あとで物件の修理などの責任の有無などがわからなくてトラブルになったことがありました。契約書はできれば日本語だとわかりやすいですが、タイ語が少ししかできないなら、英語のほうがまだマシかもしれません。意味が分からない場合は、きちんとたしかめておいたほうがいいです

契約の解約条件などもきちんと聞いておこう

私は滞在している間に条件があわず解約することもあったので、解約するときの条件などについても最初にかくにんしておいたほうがいいです。タイ人は解約条件などをこちらから質問しないとはっきりと明示しないことが多かったです。